ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

改めて自己紹介

a0237806_285856.jpg



野田版画工房の仕事についてよく質問を頂くので、改めて自己紹介をしたいと思います。



野田版画工房は、伝統的な唐紙の技術を用い、版を通じた紙の制作と表現を追求する工房です。


野田拓真は、京都の老舗唐紙工房で紙の仕事に携わった経験を活かし、紙の染め、摺り、襖や屏風などの仕立て、壁への施工などを手がけ、野田藍子はレリーフ制作や身体表現をしていた経験を活かし、独自の手法でデザインし版木を制作しています。


展覧会を通じて多数の方々とお話しし、改めて人との関わりの大切さに気づきました。


私達が生み出すものを通じて、たくさんの方と繋がって行ける事、襖や屏風のある暮らしとこれからの事をもっと追求していきたいと思っています。






a0237806_23273591.jpg


ただ今ホームページ制作中です!
[PR]
by nodahanga | 2011-11-05 02:04 | 暮らしのこと
<< はるまちつき 樹 >>