ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

おじいさんの黒谷和紙

a0237806_1582217.jpg



今、とても楽しみにしている仕事の一つは、あるおじいさんの自伝本の表紙を手がけることです。


その依頼をして下さった方は、もうかれこれ15年以上お会いしてなかった方なののですが、今回の野田版画工房の工房開き展に来てくださったのがきっかけになり、新たなおつきあいが始まりました。
その方のお父様の残された沢山の自伝を、本人が残した40枚の手漉きの黒谷和紙で製本します。




残された物が違う形になってまた歩き始めました。

今、オギノ製本さんと一緒に進めています。






a0237806_2442795.jpg

[PR]
by nodahanga | 2011-12-16 02:41 | 作品について
<< ゆきおと はるまちつきの展覧会 >>