ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

襖を納める

a0237806_2035456.jpg



寒い中、23日までの展覧会に来て下さった方々ありがとうございました。


滋賀へ来てはや7ヶ月。
8回の展覧会と、襖の依頼を通じて沢山刺激をうけた数ヶ月。



襖をおさめる度に感じる事は、あらゆるものに可能性があるということです。
お客様から有り難うと言われると素直に嬉しい、その気持ちをいつまでも忘れずにいたいです。



今年ラストは東京です。



a0237806_20355845.jpg
壁へ施工 光の届く所だけにフワッと文様が浮き出ます。
[PR]
by nodahanga | 2011-12-24 22:07 | 展覧会
<< 屏風と大晦日 ゆきおと >>