ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

ノリタケの夏



2012年も早いものでもう半年が過ぎてしまいました。
ブログもずいぶんとご無沙汰になっています。


来月8月7日からの、ノリタケの森ギャラリーでの展覧会のおしらせです。


約48坪という広い空間での初めての展示になるので、楽しみ半分、緊張半分と言ったところでしょうか。


是非ご高覧ください。



a0237806_0235123.jpg




風の布 光の紙 ー見えぬものを感じてー

名古屋 ノリタケの森ギャラリー 第一展示室

2012年8月7日(火)〜8月13日(月)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)

野田浩二 染飾布
野田版画工房 木版襖紙

賛助作家 古道末吉  鉄  竹村嘉造 陶芸     


染色家、野田浩二の風が見える布。野田版画工房の光を感じる紙。滋賀県永源寺の山谷で制作をしている2工房からの作品展です。静けさと躍動感、色と音。素材の追求とそのリズムを身体で感じていただきたいと思います。
今回は賛助出品で鉄作家、古道末吉さんと陶芸家、竹村嘉造さんにも参加していただきます。


問い合わせ
ノリタケの森ギャラリー 第一展示室
〒451-8501 名古屋市西区則武新町3-1-36
tel.052-562-9811


企画:暮らしの企画室 クラフト佳
主催:風野工房
[PR]
by nodahanga | 2012-07-18 00:55 | 展覧会
<< おじいさんのハタ和紙 東近江スマイルネット >>