ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

百年の時を超えて


「百年の時を超えて」


dada journal に掲載していただきました。
2年前初めてメディアに掲載してくださったのもdada journal。
読売新聞の折り込みで湖北 湖東を中心とされていますので地域の方のみになりますが、湖東や湖北の図書館などにも置いてあると思います。
どうぞ手に取ってご覧くださいませ。



a0237806_1242538.jpg

平面「ふかいおもい」
立体「うまれるかたち」




安藤家の魯山人の茶室、「小蘭亭」の特別公開の事を知ったきっかけは、長浜バイオ大学教授の松島先生があげていらしゃった写真。
気になって公開ぎりぎりに見に行きました。


魯山人の小蘭亭に感銘を受け、興奮冷めやらぬうちに、ここを管理されているまちづくり会社の方から「以前からきになっていたので,,,」と声をかけて頂いたのがはじまりでした。


安藤家の展示も残り1週間となりましたが、dada journalに書いていただいたように、100年の時を超え、和紙に木版によって文様を摺った「唐紙」と同じ技法を用いた作品の対比も見て頂きたいです。


5/17(土)までです。最終日は家族でお待ちしております。
[PR]
by nodahanga | 2014-05-13 01:28 | お知らせ
<< ふすまのすがた 最終日 京都 楽町楽屋 >>