ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

2012年 10月 27日 ( 1 )

笑いの時間

a0237806_21495191.jpg

10/27(日)、在所のお寺 光明寺さんの企画 「龍燈山錦秋祭」桂米紫落語会と展覧会のお手伝いをしました。


うちの在所でのこういったイベントは初めてで、半年前程からご住職と何度も話し合いながら計画を立ててきました。まずはこの在所の皆で楽しめる時間を。初めての事で段取りは悪い所もありましたが、皆の笑いとその空気の余韻はとても心地の良いものでした。


葦笛、大正琴のコンサートの演奏時、自然に皆が歌う声に少し驚きもあり、感動もあり。60世帯程の集落で車の移動無しではなかなか出向くのは難しい場所、こうやって地域とお寺と共に芸術を共有する事はこれからとても重要なのではないかと思います。



米朝一門会の桂米紫さんと桂鯛介さん
a0237806_21493569.jpg
a0237806_21492378.jpg

笑いの時間は、本当になにものにもかえがたい幸せがありました。伝統芸能、落語の力は凄い。一人で何役も演じて空気を自在に変化させていく。



打ち上げで「噺家の舞台は残らないけれど、作家は作品が残っていくのがいいですよね!」とおっしゃられたのが印象的でした。
残っていくと言う意味では噺家さんの放つ一席の重みや、リアルタイムで感じる瞬間の感動は、自分の心にずっと残っていますよ!と言いたい。



明日28日も展示はしていますので、雨模様ではありますが、温かいお茶を用意してお待ちしております。明日はどなたでもご覧頂けますのでゆっくりご覧下さい。


参加作家
木工 小林朗
染色 野田浩二
陶芸 佃照子
インド手紡ぎ nimai-nitai
野田版画工房
[PR]
by nodahanga | 2012-10-27 22:27 | 暮らしのこと