ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

2012年 11月 07日 ( 1 )

子供と屏風のある暮らし


大阪にお住まいの同世代のご夫婦に依頼して頂き制作した四曲屏風
「ただ立つ事」をテーマにはじまった壷シリーズ。


a0237806_2120786.jpg




奥戸さんの前にざらっと置かれた花器や壷を見て作り始めた「壷 ただ立つ事」シリーズ。それは力を抜いて立っている人の姿とも感じられ、集合している姿がとてもユニークに感じたのでした。


屏風の中に等身大の壷(ただ立つ事)をうつしだしてみたらきっと面白い屏風の世界が生まれるのではないか、という思いから制作。


依頼していただいたご夫妻はクリエイティブな方なのでどういう風に使っていかれるのかとても楽しみです。


a0237806_2117964.jpg





a0237806_2040387.jpg

ハロウィンの時期、幼稚園に通う女の子のいるご家族の家。
部屋にはわくわくさせてくれるものが沢山飾ってありました。

部屋に対して圧迫感の無いサイズで大人にすると座って等身大の屏風、なのですがお子さんの身長より高いので子供には屏風はどういう風にみえていたのか、大きくなられたら聞いてみたい気がします。
[PR]
by nodahanga | 2012-11-07 21:24 | 暮らしのこと