ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

2012年 11月 11日 ( 1 )

引き算を奏でる


二曲屏風をご依頼頂いたご夫婦の住まい方に感銘をうけた日。



a0237806_2041203.jpg



「陰と陽」というテーマをいただき制作。
白地に雲母で型押し。モチーフは「番傘」。
広げたときの骨が気持ち良く広がるすがたの連続文様。
奥ゆかしさと、部屋に限りなく光を持ち込む力強さを持ったものにしたいと思いました。



a0237806_2042243.jpg


a0237806_2014249.jpg



逆側は、先日も日記に書いた「壷 ただ立つこと」をモチーフとした画。
事前にお宅を拝見していたので、家の空気感の余韻を頭において制作。


心地の良い引き算のある空間。
ただシンプルに、というよりは楽器の音を一つ一つ心を込めて奏でるような暮らし。


何時も目に見えない何かを頂いて帰っている様な気がします。
納めた日は、作品とその人と暮らしの物語が新しく生まれる日であります。
[PR]
by nodahanga | 2012-11-11 21:14 | 作品について