ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

カテゴリ:作品について( 66 )

うつしだされた空

a0237806_0112590.jpg



先日納めた高さ170cmの二曲屏風の裏側


春や夏のあたたかい時期に風や水を感じさせる花をたてられるように、と制作しました。
こちらの面にタイトルをつけるなら「うつしだされた空」とつけたい屏風です。
[PR]
by nodahanga | 2014-01-10 00:24 | 作品について

ギターラベル

a0237806_11555467.jpg



滋賀県湖南市石部にて工房をかまえられている弦楽器製作家、森下諒平さんのオリジナルギターラベルを制作させていただきました。


文様の中に森下さんのギターマークが隠れております。
新作のギターに貼られているものを見れるのが楽しみです。
[PR]
by nodahanga | 2014-01-09 11:54 | 作品について

春正月を迎える屏風

春正月を迎える屏風


a0237806_2257935.jpg



縁が縁を呼んだ2013年。
この屏風をご依頼下さった方もご縁で遠方から工房に来て下さりました。私達も御宅に伺い、仕上がったものです。



新しい年をこの屏風と共に迎えて下さるとのこと、光栄です。


a0237806_22553996.jpg

深々と降る雪の流れは、画面いっぱいに版木を摺るリズムを促してくれました。



一つ一つ違う屏風を作る度に思う事は、色々な意味で胸が高鳴り、毎回新鮮な衝撃を感じて作りたいと言う事です。
[PR]
by nodahanga | 2013-12-29 23:38 | 作品について

うちとそと

内側がある事を知るには、外側を知る事


外側を知るには、一つのものをふたつに分ける事


ある形を切り、その外側を観察する


a0237806_00834.jpg



文様を生む時のヒントになります。
[PR]
by nodahanga | 2013-12-20 00:07 | 作品について

見えぬワザ2


水で裂いた和紙の繊維は「くいさき」と言います。


a0237806_2311175.jpg



紙は繊維で成り立っていることがよく分かります。

なんと温かく、愛おしい。

このくいさきのお陰で、下張りの紙の継ぎ目がフラットになり、本紙を張ったときにその継ぎ目が目立たなくなるのです。


ぐるりに糊を着け、下地に張っていきます。
しわなど出来ないよう、ピンと張ったように刷毛で撫でていきます。


a0237806_2393039.jpg



紙の重なりをもって張っていく事で、下地から浮いている状態の下張りができます。

そして乾燥。


a0237806_23174869.jpg



ピンと張った袋張りの紙。
紙の重なったところは白く濃くなって、変則的なチェック柄みたい。


ここまで綺麗に張った下張りだけれども、人間で言えば下着を身につけただけの状態です。
服を着るように、本紙を張っていくのです。


もうこの下張りは見える事はありません。


しかし、この行程を経てこそ、紙のふっくらとした風合いが保たれるのです。
そして紙は浮いているので、乾湿のある日本の風土にあわせて呼吸し、伸び縮みするのです。


美しさを引き出そうとする時、見えなくなるものがたくさんあるのだと思います。
[PR]
by nodahanga | 2013-12-17 23:49 | 作品について

見えぬワザ1


摺り上げた紙を襖や屏風に仕立てるときに、重要になってくる行程に「袋張り」という技術があります。

これは、襖や屏風の下地から幾層かの薄い和紙を浮かせて張る下張りの事。
浮かせた下張りの上に一番表の本紙を張る事で、紙本来の美しさを引きだします。


a0237806_1462359.jpg



写真は薄い和紙に水を引き、手で裂いている時。
裂いてできた和紙の繊維をきれい作ります。

そうして繊維がでた和紙を糊付けしやすい様に均等に広げることを「いざらす」と言います。


a0237806_223945.jpg



いざらした和紙がなんとも美しい。

この紙のぐるり2〜3mmに糊を着け、下地に張っていくのです。



この続きはまた、、、
[PR]
by nodahanga | 2013-12-16 02:14 | 作品について

彫刻的ふすま

a0237806_2218224.jpg





意識が自分の中に入り込む感覚は実に面白いものです。自分の身体が自分のもので無くなる様な感覚。外の音も無くなり、身体の中の音が聞こえてくる。瞬きすらも忘れ、まさに精神が一つに統一されている状態。自分の呼吸だけが頭の両サイドで聞こえている。



この感覚は、よっぽどあることに集中した時にだけ出てくるものです。
それはただ立つ事です。随分長い間、ただ立つ事をひたすら追求していた時があり、その時に得た感覚をこうしてふすまに映しました。



実際にふすまに仕立て、その前に立つと、やはりわたしには立像がそこに見える気がします。





a0237806_232813.jpg

[PR]
by nodahanga | 2013-12-14 00:09 | 作品について

原点 ふすま 初春ここへ

a0237806_21385948.jpg




野田版画工房という屋号をかかえ、永源寺に引っ越してはや2年半。原点は、風野工房の襖にあります。



二人で仕事をはじめた最初のふすまです。
手掛けるまでに随分時間がかかったのを思い出しました。「言葉」というモチーフで版を起こしました。



原点のふすま。ふすまが原点。この襖をみると身が引き締まります。




a0237806_22193425.jpg





自分の考える「ふすま」。
「ふすま」は、ただの間仕切りではなく、人と人、人と家、家と地、地域と人々、それぞれの関係性を持っているものだと考えています。このふすま(屏風も含め)現代にどんな事が提示できるのかを日々模索し、制作しています。




原点 ふすま 初春ここへ。2014年のスタートとなる展覧会、皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。





「2014 風野工房 初春展 ー屏風と染飾布ー」

2014年1月3日(金)〜7日(火)

am10:00~pm5:00

1月3日(金)新年会オープニングパーティpm3:00~



風野工房ギャラリー
〒527-0211 滋賀県東近江市永源寺相谷町347
tel/fax 0748-27-2049
e-mail kazenokobo@e-omi.ne.jp

a0237806_234157.gif

[PR]
by nodahanga | 2013-12-12 23:06 | 作品について

古きよきものもういちど

a0237806_2393617.jpg



古きよきものもう一度。


古くて使われていなかったものにもう一度、活躍してもらう。昔のものは単純な構造の中に知恵が詰まっていて面白い。特に衝立は軽くて便利。我が家では常にどこかには使っている優れものです。


古い下地に作品を仕立てる。隅々まで磨いて新しく作品を入れると、本当にものが喜んでくれていると感じます。
[PR]
by nodahanga | 2013-12-09 23:35 | 作品について

床の間

a0237806_1063498.jpg



床の間


我が家の床の間「自立する紙」と掛け軸のかわりに制作したパネル「ニ隻のそら」


二隻の空の銀色はいっそう朝の光を部屋に取り入れる。


放っておきっぱなしにならないように、床の間を楽しむのが我が家の習慣です。花もよし、壷もよし、小さな置物と大きなパネル、背の高い屏風とお香、タペストリー。



小さなギャラリー、無限の床の間です。



a0237806_1051931.jpg

[PR]
by nodahanga | 2013-12-05 11:28 | 作品について