ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

カテゴリ:展覧会( 66 )

あつむはな


a0237806_2354383.jpg

a0237806_2361520.jpg




まだ少し先になりますが、6月に三重県伊賀上野にある史跡旧崇広堂にて5作家による展覧会があります。


歴史ある建物で広い空間を使った展示になりますが、どんな作品になるかご期待下さい。




◎「鐘花」あつむはな
◎2015年6月19日(金)〜28日(日)※23日(火)は休み
◎9:00〜20:00
◎会場: 史跡旧崇広堂
 三重県伊賀市上野丸之内78-1
 0595-24-6090
◎期間中入場無料
◎主催 公益財団法人伊賀市文化都市協会
◎後援 伊賀市、伊賀市教育委員会
◎お問い合わせ (公財)伊賀市文化協会 ☎0595-22-0511 HP http://www.bunto.com

◎出展作家
 下和弘(陶芸)
 石山哲也(陶芸)
 度會保浩(ステンドグラス)
 野田拓真(版画造形)
 稲葉崇史(木工)



伊賀出身である松尾芭蕉の句「鐘消えて花の香は撞く夕哉」より拝借いたしました本展タイトル「鐘花 あつむはな」は、今回展示する作家の作品や会期中に行われますライブ音楽を鐘にたとえ、伊賀の町や崇廣堂を花に見立て、それぞれが文化的で凛とした空気感に馴染んでいくというようなイメージから題しました。
芭蕉の哲学に「不易流行」というものがあり、不易とは時代の新旧を超越して不変なるもののこと、またその時々の風象に従って斬新さを発揮したものが流行と説かれています。相反するように見える不易と流行も、ともに風雅に根ざす根源は同じであるとする考えなのです。

かつての最新の学問と流行の学び舎であった崇廣堂において、伝統的手法を用いつつ革新を意識した5名の作家が各地より集まり、作品を展示致します。ぜひご高覧ください。
[PR]
by nodahanga | 2015-04-03 23:29 | 展覧会

月曜日のきらり庵 終了致しました。

「月曜日のきらり庵」終了致しました。



お越し下さった皆様、メッセージを下さった方、ありがとうございました。



きらり庵の利用者の方、スタッフの方、ご協力いただいた多くの方に御礼申し上げます。



きらり庵の皆と過ごす時間はかけがえのないものでした。これからの事はまだ未定ですが、この2年間に過ごした時間を大切にしたいと思います。



a0237806_21541292.jpg

NO-MAの蔵で展示していた細谷武さんの作品。一本一本衣服やマスク、靴などに糸を縫い付けています。思わず唾を飲み込んだ作品。
[PR]
by nodahanga | 2015-02-08 22:04 | 展覧会

在廊日

NO-MA美術館で開催の「月曜日のきらり庵」初日を迎えました。お越し下さったら方有り難うございました。


野田は6日以外は全て在廊しています。約2年にわたったプロジェクトの一つのかたちが生まれたよう気がします。多くの方にご高覧いただければ幸いです。


詳細


a0237806_1204035.jpg

[PR]
by nodahanga | 2015-02-05 01:25 | 展覧会

月曜日のきらり庵

展覧会のお知らせです。

a0237806_2246340.jpg

a0237806_2242097.jpg



月曜日のきらり庵


Art from the Lakesときらり庵
黄地拓洋 大河原幸人 岡谷正司 奥島香 奥島圭二 加藤賢一 高城妙子 田中和希 田中佑芽 谷口洋子 中川猛義 野田版画工房 平尾智子 福山敬之 細谷武 安田正広 吉田友幸


Art from the Lakesはアメリカ ミシガン州と滋賀県の美術作家を互いに招き展覧会を開催、交流するプロジェクトです。2013年8月にミシガン州で、2014年9月に滋賀県で展覧会を開催してきました。そのプロジェクトの一環として福祉施設との交流を行ってきました。


交流当初、きらり庵での制作は各個人の能力の探り方、引き出し方など試行錯誤の連続でした。一人ひとりの活動内容を練る中で、私達は表現するとはどのような意味があるのか、芸術とは何かという根本的な疑問に向き合う時間が長かったように思います。そして今は創作するという扉を開いた、というように感じます。


月に三回の月曜日、きらり庵で共有した創作活動の時間は一言では言い表せない経験であり、幸せな時間でした。私達がいたきらり庵の空気感、一人ひとりの生き方、そして活動の記録を感じて頂ければと思います。(Art from the Lakes)



<主催>Art from the Lakes、社会福祉法人美輪湖の家 きらり庵
<助成>しがぎん福祉基金
<問い合わせ>Art from the Lakes (野田)090-9690-7896
       きらり庵 (橋本)0749-46-8067


<日程>2015/2/4(水)~8(日)
<時間>10:00~17:00(終日15:00まで)
<観覧料>無料
<会場>ボーダレス アートミュージアムNO-MA
〒523-0849滋賀県近江八幡市永原町上16
0748-36-5018

facebook



どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by nodahanga | 2015-01-08 22:49 | 展覧会

2014年、今年の展覧会が終わりました①

BIWAKOビエンナーレ、木版市とたて続けにあった展覧会、嵐の様に時間はすぎていき久々のブログの更新になってしまいました。


大変遅くなりましが、展覧会にお越し下さった皆様、メッセージを下さった方、声をかけて下さったエナジーフィールドの中田さん、彦坂木版工房さん、本当に有り難うございました!今年一年は、怒濤の年でもありましたが、大きく動いた年でもありました。


a0237806_2319941.jpg




WSに参加して下さった方々から感想やお手紙をいただきました。こういった外でのワークショップは初めてだったのですが、振り返って皆さんの熱意に感動です。木版作家さんとの交流や作業を見れた事、京都の刺激、良いしめくくりとなりました。



来年2015年のはじめの展覧会は近江八幡、NO-MA美術館です。1年前から週1回福祉施設きらり庵の利用者のかたと時間を過ごしてきました。彼らと、Art from the Lakesの作家との展覧会です。詳細は後ほど。
[PR]
by nodahanga | 2014-12-02 23:22 | 展覧会

木版市はじまります

a0237806_1016221.jpg


いよいよ明日11/22(土)〜24(月祝)、京都恵文社一乗寺店 cottageにて「木版市」はじまります。
会期中は在廊していますのでよろしくお願い致します。


各ワークショップ、予約無しで参加もしていただけるものもありますので、そうぞお愉しみ下さい。


では、京都でお待ちしております。



詳細
[PR]
by nodahanga | 2014-11-21 10:20 | 展覧会

野田版画工房の染めと摺りのワークショップ

a0237806_2222960.jpg


「野田版画工房の染めと摺りのワークショップ」


11/22~24 京都の恵文社一乗寺店 cottageにて開催の「木版市」でのワークショップの受付が開始しました。



内容:唐紙から野田版画工房の仕事への話を交えながら、紙を絵の具で染める「具引き」と、摺る行程「型押し」を実際に体験していただきます。


日時:①2014年11月22日(土)16:00〜18:00
   ②2014年11月24日(月)16:00〜18:00


定員:各回抽選6名様
料金:5000円
会場:恵文社一乗寺店 COTTAGE
持ち物:汚れても良い服装 or エプロン
募集期間:10月18日(土)〜11月9日(日)


予約方法
nodahanga@gmail.comまでメールしてください。
件名に「野田版画工房のワークショップ」とし、メールの内容に「お名前」と「お電話番号」と「参加人数」をご記入ください。


11月10日(月)にご当選者様のみメールにてご連絡致します。抽選に漏れてしまった方にはご連絡致しませんので、ご了承ください。


彦坂木版工房さんの和菓子の木版画、宮本承司さんの公開制作、道場物工業株式会社さんの彫刻刀の研ぎ講座、えちがわのりゆきさんのうんころもちの木版画、日菓さん、てふてふさんの御菓子販売と、会期中は毎日イベントを開催しています。


各WSの申し込みはこちらからご確認下さい。
[PR]
by nodahanga | 2014-10-22 02:28 | 展覧会

BIWAKOビエンナーレ開幕

a0237806_20564015.jpg



BIWAKOビエンナーレ開幕


オープニングレセプションに参加してきましたが、刺激を受ける作品の数々。2年ぶりの作家さんとの再会も楽しみの一つでした。


私達は事務局でもある天籟宮が会場となっています。
漆の作家さんの手掛けた贅沢な床と赤い壁の空間、上がってご覧下さい。


ゆっくり見れる日が楽しみです!!



BIWAKOビエンナーレ2014
[PR]
by nodahanga | 2014-09-13 21:04 | 展覧会

BIWAKOビエンナーレまであと少し

BIWAKOビエンナーレまであと数日。

作品も終盤に差し掛かっています。

今年は、事務局でもある天籟宮が私達の会場となりました。

漆作家さんとの合作の空間になります。黒の世界にどう立つか、会場でお愉しみ下さい。

a0237806_0135069.jpg


BIWAKOビエンナーレ 詳細
[PR]
by nodahanga | 2014-09-04 00:28 | 展覧会

木版市のお知らせ

「木版市」


本展は、彦坂木版工房主催の木版を楽しむイベントです。 会場では、「え?これが木版?」と目を疑うような作品や、古典的なスタイ ルは守りつつも、全く新しいパターン柄で作られた木版印刷のふすま(唐紙) など、ありそうで無かった素晴らしい木版作品の数々を展示します。 また展示の他に、会場内では作家自らが講師となり木版体験やトークショー 等を行い、見るだけではなく実際に体験する事で、木版の素晴らしさをより 感じて頂きたいと思っています。 本展をきっかけに木版の魅力がより多くの方々に伝わり、「木版」が古いも のではなく、現代の生活に無くてはならない存在になって頂ければ幸いです。


2014 年 11 月 22 日( 土)- 24 日(月・祝)
時間:11 時~18 時
会場 : 恵文社一乗寺店 COTTAGE


主催:彦坂木版工房
参加作家:冨田美穂 、宮本承司 、野田版画工房


特別協力:道刃物工業株式会社
協力:日菓 、えちがわのりゆき、てふてふ
題字:森戸玲子
写真:KaO


各作家のワークッショプやレクチャーなど毎日毎時間企画しています。11月の京都をどうぞお愉しみ下さい!


※画像をクリックすると大きくなります。
a0237806_238455.jpg

a0237806_2384732.jpg



彦坂木版工房
冨田美穂
宮本承司
道刃物工業株式会社
日菓
えちがわのりゆき
てふてふ

木版市facebookページ


このような木版画をテーマとした展覧会は初めてになり、各作家のワークショップやレクチャー、私達も大変楽しみにしています。


※フライヤーの配布に協力頂ける方も募集しております!お手数ですが野田版画工房までメールをいただけましたら折り返し連絡いたします。nodahanga■gmail.com(■を@に変えて下さい)
[PR]
by nodahanga | 2014-08-16 23:15 | 展覧会