ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

カテゴリ:展覧会( 66 )

縁繋ぎ①

今日は春からの展覧会に向けて打ち合わせ。
とても面白い場所での展示、後日詳細が決まります。



a0237806_226397.jpg



その場所の歴史的なことを知ると、日本を一周する旅に出た感覚になります。
滋賀、京都から始まり、四国 九州と、ここ最近は縁繋ぎの風が吹いている様です。
[PR]
by nodahanga | 2014-02-06 22:10 | 展覧会

新春展 ありがとうございました

a0237806_21323331.jpg




風野工房 新春展覧会 screen & divider展 
メッセージを下さった方、お越し下さった方、ありがとうございました。晴れ日続きのお正月、沢山の方にお会い出来、清々しいスタートとなりました。


馬の年の私達、挑戦的に走りたいと思います。
[PR]
by nodahanga | 2014-01-08 23:26 | 展覧会

暖簾と屏風と人々

a0237806_1523391.jpg



3日より始まった 野田浩二の染飾布と野田拓真 藍子による屏風の展覧会。
初日はお正月三が日にもかかわらず沢山の方が来て下さいました。


風野工房 母、公子による手料理、皆さんが持って来てくださった手料理、お酒を囲みお昼から楽しいオープニングパーティーとなりました。長いおつきあいの方も初めて来て下さった方も、一つの空間を共有出来る事、有り難く感じました。感謝の気持ちでスタートです。


7日まで開催中です。皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。
[PR]
by nodahanga | 2014-01-04 15:11 | 展覧会

年末年始の展覧会

a0237806_0152524.jpg



年内と年始の展覧会のお知らせ




灯 ー星をあつめ展ー

日時/2013.12/14(土)〜12/25(水)
場所/ギャラリー寺子屋
時間/11:00~17:00

 火.金定休
〒522-0083 彦根市河原2-3-6
0749-22-1601

築250年の歴史を持った、元寺子屋だった古民家ギャラリーです。
灯をテーマとしたグループ展です。


a0237806_225086.jpg





風野工房 新春展(仮タイトル)
日時/2014.1/3(金)~1/7(火)



時間、その他詳細は後日改めて載せます。
新春、晴れやかに迎えられる様皆様のご来場お待ちしております!

























[PR]
by nodahanga | 2013-12-08 02:05 | 展覧会

藝に遊ぶ

藝に遊ぶ。


この言葉にぴったりの展示でした。


近江八幡の酒遊館でおこなわれた滋賀県調理師協会の料理展示会。


料理魚石の瀬海さんのお料理。


a0237806_2140203.jpg



この展示の前に、瀬海さんから私達の作品のパネルの上にガラスを敷きその上にお料理を、というご提案をいただきました。


金に染め、胡粉で型を押す。その上に、琵琶湖を象徴する弧を描く。


想像をこえた展示に興奮。


「湖国近江 虹蔵不見(にじかくれてみえず)の献立」
ー先日見えた虹の姿も冬空の中に消えてしまったなあーという頃。


藝に遊ぶ。


持ち続けたい心です。
[PR]
by nodahanga | 2013-11-27 22:06 | 展覧会

灯紙美茶会のこと




堀口一子さんによる 「灯紙美茶会(ともしびちゃかい)」の事


a0237806_11331061.jpg




静かに揺れる灯りと茶葉の香り、こころ清まるお茶会となりました。



a0237806_1131714.jpg

魚石さんの松花堂弁当。
永源寺のお米と、もみじまいたけの天ぷら。一つ一つに心が入ったお弁当。涙が出そうになりながらいただきました。




a0237806_11332398.jpg



大西さんの櫨(はぜ)ろうそくの話しを聞きながらいただく。
和ろうそくは芯の部分を時々つまんで炎の調節をするのですが、参加されている方々が順番に世話をして下さいました。”灯火を気にかける”ことがいっそうに空気をあたためてくれました。



中国茶を中心に活動されている堀口一子さんですが今回は珍しい日本のお茶を2種、入れてもらいました。小さな器でくいっといただく。葉っぱも口に入れる。なんておいしいのでしょう!初めての味と香りに感動しました。




あたたかい空気の中で照らされる作品は、何時もとちがった表情でした。人と人の生き交う空間でいきいきとしていたような気がします。



今回は工房での開催につき贅沢に味わっていただくため、定員10名様とさせていただきました。多くの方にはお断りしなければならず、申し訳ありませんでした。またこのような企画の際はブログにて告知させていただきます。またのご参加、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by nodahanga | 2013-11-07 21:51 | 展覧会

沢山のご来場有り難うございました。

a0237806_156071.jpg
和ろうそくと野田版画工房の世界「拠って立つものたち」
終了いたしました。



お越し下さった方、ご連絡を下さった方、メッセージを下さった方、本当に有り難うございました。秋晴れの日もあれば、ひんやりと冬の前の日もありました。山を越えお越し下さってありがとうございました。



また、和ろうそくの大與 大西巧さん、光明寺のご住職 伊藤英明さん、中国茶の堀口一子さん、料理 魚石の瀬海佑一朗さん、お手伝い頂いた舟橋麻里さん、両親、菊を飾ってくださったご近所のかずおさん、、まだまだ沢山の方にお世話になりました。有り難うございました。この場をお借りして御礼申し上げます。



a0237806_11514363.jpg

和ろうそくの大與 大西巧さんとの空間、楽しませていただきました。


白い正方形の屏風。静寂の文様。堀口一子さんによるお茶会の際には和ろうそくの灯火が揺らめき、静寂から揺れ文様へと変化しておりました。




a0237806_11133297.jpg

メイン会場 光明寺の展示

おおきな衝立て「ただそこに立つもの」
立体作品「自立する紙」
掛けパネル「静かな音」




a0237806_1562771.jpg

この作品の対曲線状にある障子の下のガラス。その向こうは雨戸をしめて外の光を遮っていました。
その向こうの「外」をこのパネルに写し込みました。縦文様は雨や風などの 「外のおと」。



灯火 光 部屋 人 物 気配 音 それぞれが持つ拠ってたつものを感じていただけたでしょうか。



灯紙美茶会(ともしびちゃかい)の様子はまた改めて書こうと思います。
[PR]
by nodahanga | 2013-11-06 20:22 | 展覧会

拠って立つものたち 始まりました

a0237806_17544271.jpg

拠って立つものたち
ー和ろうそくと野田版画工房の世界展ー

始まりました。



秋晴れの心地の良い日が始まりとなりました。お越し下さった皆様、ありがとうございました。



和ろうそくの炎。胸の奥に吸い込まれる感覚に惚れ、それがある日常を愉しみ、そして挑戦しながらの制作でした。



a0237806_17585620.jpg




尚、11/1(金)〜11/5(火)まで
風野工房ギャラリーでも風野工房の染飾布展を開催しております。車で5分程ですので合わせてお愉しみ下さい。


皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。


野田拓真 藍子
[PR]
by nodahanga | 2013-10-28 18:13 | 展覧会

和ろうそくと茶会



昼はお日様の光で作品と向きあい

夜は和ろうそくを灯し過ごしています。



a0237806_11101083.jpg



灯紙美茶会の打ち合わせを終え、畳の部屋でイメージを膨らませる。


この夜の時間が明日を楽しみにさせてくれます。



a0237806_1505126.jpg



「拠って立つものたち ー和ろうそくと野田版画工房の世界ー」詳細
[PR]
by nodahanga | 2013-10-06 01:53 | 展覧会

「拠って立つものたち」               ー和ろうそくと野田版画工房の世界ー

a0237806_18392993.jpg


3回目となる野田版画工房での展覧会のお知らせです。


時/2013 10/28(月)〜11/4(月祝) 
時間/11:00~18:00(30日のみ17時まで)
場所/野田版画工房および光明寺にて



◎湖西・高島市で大正時代より櫨蝋を使い「手掛け」製法で和ろうそくを作られている、近江手造り和ろうそく大與(だいよ)の四代目、大西巧さんの和ろうそくと野田版画工房の襖や屏風との企画展です。互いに照らし合い、たたずんでいるその姿の美しさや存在を感じていただければと思います。


大西巧さん在廊予定日 
10/30(水)夕方から、11/3(日)、4(月祝)




特別企画「灯紙美茶会」(ともしびちゃかい)
日/10/30(水) 
時間/18:00から2時間ほど
会費/3,500円(茶二種、菓子、お弁当付き)
定員/10名
予約/野田版画工房まで(28日締切)


お茶の原点である中国茶を中心に活動しておられる堀口一子さんによる日本の珍しい葉茶の紹介と、安土の料理魚石さんの食の美が詰まったお弁当を、和ろうそくの灯った空間でお愉しみ下さい。
料理 魚石さんのブログ





この秋、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


野田拓真 藍子
[PR]
by nodahanga | 2013-10-01 18:41 | 展覧会