ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

隠れbar

彦根にwine bar がリニューアルオープンいたしました。


着物を着たオーナーがワインを出される隠れbar



a0237806_21264015.jpg



裏面は夏の作品を仕立てました。
夏にまたご披露したいと思います。



設計、照明、植物。
面白い方達と仕事をさせていただきました。
[PR]
by nodahanga | 2014-02-28 21:36 | 作品について

漉人の紙

千年の命をもつ紙


佐藤友泰先生から先生の漉かれた紙でお便りをいただきました。
「千年の命を持つ紙漉きを。古来の方法で手抜き無しに紙を漉く」


ため息のでることばです。



a0237806_21382739.jpg



雁皮紙。
折りたたんだときにその軽さが手に取る様に伝わります。



メールですぐに想いを伝えられる時代ですが、これほど嬉しい便りはありません。
私達も自分達のつくったハガキですぐにお便りを出そうと思います。



漉き人の心がこもった紙、いつか作品を作りたい。。
[PR]
by nodahanga | 2014-02-22 21:46 | 暮らしのこと

愛知県立芸術大学より

愛知県立芸術大学の柴崎幸次先生と木下幸先生率いる学生さん、卒業生、作家の先生方、総勢16名で工房に見学に来られました。


版木の事、染め、摺り、仕立て。手漉きの和紙の作家さんもいらっしゃったので紙の材料のこと、伸び縮み。それぞれの視点の質問からの広がりが面白く、時間はあっという間でした。



a0237806_21471636.jpg

ざっくばらんな時間、娘もみんながかわいがってくれたので、帰りは寂しかったようです。
田舎の風景に大型バス、互いに手を振る姿はなんとも不思議な光景でした。



次は私達が工房や展覧会に会いに行く楽しみができました。
[PR]
by nodahanga | 2014-02-18 22:51 | 暮らしのこと

a0237806_23454380.jpg



銀色


自然光に照らされても、うす暗い空間でも、存在感をだしてくれる。
 


a0237806_234599.jpg



昨日に続き、凛月さんの「夏ほたる」のふすまです。
[PR]
by nodahanga | 2014-02-17 23:51

四季のふすま

四季の襖を制作させていただきました。



a0237806_3343518.jpg




a0237806_10224165.jpg




春の芽ふき 夏ほたる 秋いちょう 冬深々
 


2月14日よりリニューアルされたお店です。
実物はお料理をお召し上がりながらお愉しみください。



町家 京季節料理 凛月
京都府京都市中京区室町御池上ル御池之町308
tel/050-5797-5727
[PR]
by nodahanga | 2014-02-16 10:40 | 作品について

縁繋ぎ②

このところ、色々な人と場所がぐるりとひとまわりしていることが多々あります。


京都縁繋ぎの旅


32年住んだ京都。先日は京都歴1年というKaOさんに、私達の知らない京都を案内してもらい沢山の方と縁を繫いでもらうという旅をしました。


案内してくれたKaOさんはPAPER SKY のTour de Nipponの滋賀の企画時に、野田版画工房を知って下さりイベントの一環として関われないか、とご提案頂いたのがはじまり。


好きな物をとことんとことん楽しむこと、改めて大切だなあと感じた日。京都自転車ランデブーなど、これからも夢がある企画が楽しみです。



それにしても、京都を知らなさすぎて自分でも驚きました。今まで見えて来なかった魅力が沢山、外に出て分かる事の第一歩でした。



久々に造形大学へ。
ジャイアント トらやんに話しかける娘、大はしゃぎ。
a0237806_21463054.jpg

[PR]
by nodahanga | 2014-02-09 21:47

縁繋ぎ①

今日は春からの展覧会に向けて打ち合わせ。
とても面白い場所での展示、後日詳細が決まります。



a0237806_226397.jpg



その場所の歴史的なことを知ると、日本を一周する旅に出た感覚になります。
滋賀、京都から始まり、四国 九州と、ここ最近は縁繋ぎの風が吹いている様です。
[PR]
by nodahanga | 2014-02-06 22:10 | 展覧会