ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

個展 「うるわし気」

a0237806_1242617.jpg



5月のもう一つの舞台は滋賀県東近江市五個荘にある cafe&gallery Hakmokrenです。HP


4月〜5月は先にお知らせの安藤家での個展と一時期同時に開催いたします。ギャラリーハクモクレンではまた違ったアプローチでの展示をいたしますので重ねてご高覧くださいませ。


ギャラリーハクモクレンでは自然光たっぷりの部屋、立派な柱のある蔵、そして昔おくどさんの天井であった薪を滑車でおろしていた部屋での展示。それぞれの空間への挑戦です。






野田版画工房展 「うるわし気」

場所 cafe&gallery Hakmokren ギャラリーハクモクレン
住所 〒529-1441 滋賀県東近江市五個荘川並町743
TEL 0748-26-2429
日程 5/2(金)~6/2(月)の金土日月
時間 11:00~18:00

[交通手段] JR能登川駅より八日市行きバス(約15分)
      プラザ三方よし停下車、西へ徒歩5分

[自動車] 国道8号線、五個荘南交差点を北入る500mで、大きな右カーブを左へ細道入          (Hakmokren看板あり)まっすぐ200m、福應寺の隣り。駐車場あり。
[PR]
by nodahanga | 2014-03-28 13:07 | 展覧会

まち

前々から声をかけていただいていた永源寺のまちのことを考える集まりに参加してきた。
20代から70代の方が参加されており、移住者からの視点の話しをさせてもらった。



最近はまちのことを考える機会が多く、特にこの前行った猪熊弦一郎美術館で行われた岡昇平さんと岡本仁さんの「その先のまちを考える」トークはとても刺激的で共感する部分が沢山あった。



まち全体が旅館の様な役割を持ち、互いに助け合っていくまち。「がんばらない」というスタンスがどんな人でも気軽に入っていける雰囲気を作っているのだと思った。その後、岡さんが番台でもある仏生山温泉に行き、なるほど、納得。



今、私達が頂いているお仕事でも、「まち」を意識したご依頼も多く、自然と地域のことが入ってくるし、また作家としてどう関わる事ができるのかも考えていきたいところ。実際に古い家を取り壊さずに、リノベーションし、古い家に新しい風が吹く事はとても嬉しいことだ。


a0237806_0313687.jpg




集まりの中で出てきた「もらい風呂」。
きいたことありますか?少し前までは、お風呂を焚かしたら隣近所の人が入りにきたり、一緒に食事をしたりするのが日常だったようだ。



少しずつ、一歩づつではありますが住んでいて楽しいまち、高齢者もこどもも住みやすいまちにすることに関わっていきたいと思う。
[PR]
by nodahanga | 2014-03-25 00:46 | 暮らしのこと

光の輪

a0237806_2354977.jpg



東京に新しくオープンされるお店の屏風

屏風のなかに描かれた光の輪。

無地感のなかだからこそ見えるものがある。

このお店のオープンとても楽しみです。

全容はまたのちほど。
[PR]
by nodahanga | 2014-03-23 23:11 | 作品について

忘れぬ日

3月11日

東日本大震災でお亡くなりになられた方に心よりお悔やみ申し上げます。


震災がおきる3ヶ月前、野田版画工房の屋号をかかえ滋賀県への移住が決まっていました。それからは夫婦で色んな事を話し合い、捨てるもの、変えていくもの、大きな変化がありました。



その日からこれだけはなくてはならないものになりました。
当たり前の様で当たり前でなかった、生きていることに感謝するーこの日からはじまったもの。


3月11日


合掌
[PR]
by nodahanga | 2014-03-11 23:10 | 暮らしのこと

雁皮紙

a0237806_20521834.jpg



私達の家宝、佐藤友泰先生の漉かれた雁皮紙。


古来に「紙の王」とされてきた紙。繊細なきめで強靭、光沢がありなんとも言い表せない美しさを持っています。


手漉きの和紙がどのように作られるのか、HPの動画からみても本当に一つ一つ手間がかかっています。
HP



a0237806_2051264.jpg



実は他にも土佐楮、あま皮楮、三椏など送って頂いたのですが、全てに細かいレシピが記されており、それにも感動しました。時間ごとの気温、天気、湿度、体調やその日の出来事まで。。。
とことん。



とことんです。
きっと先生はとことん楽しんで作られておられるのではないでしょうか。見ていてとても楽しい。
頭が下がります。
[PR]
by nodahanga | 2014-03-04 21:46 | その他