ブログトップ

野田版画工房

nodahanga.exblog.jp

タグ:木版画 ( 3 ) タグの人気記事

「あお」

a0237806_21565846.jpg



あおい色は、顔料と糊の関係、空間とのバランス、深くてやさしい響きを出すのが一際難しい。


イメージに近い色が出て、仕立てに入ったとき、紙が初めてあおい色の魅力を引き出してくれる。


「あお」どこまでも追求したい色の一つです。
[PR]
by nodahanga | 2013-10-12 22:03 | 作品について

手摺り木版手で伝える

前回の日記に書いた集落のふれあいサロンが終わりました。


自分達がここに引っ越すまでのこと、摺り師として働いていた時の事、デザインの事、染めの事、摺り、仕立てのことを話しました。手摺り木版の実演をして、何人かに実際に体験してもらいました。



a0237806_22564389.jpg
a0237806_22571130.jpg




説明だけでは伝えきれないところを実際に手で感じてもらうことで、伝わる事は随分大きくなったきがしました。





a0237806_2301331.jpg





ある方から「屏風はどっちが裏でどっちが表?」という質問がありました。これは私達の屏風制作の上でとても重要なところです。自分の屏風の捉え方、改めて日記に書きたいと思います。



世代をこえて伝い合える時間、とても充実していました。私達が引っ越して来た当時から、なにかと親切にしてくださったHさん、声をかけて頂きありがとうございました!
[PR]
by nodahanga | 2013-09-30 00:17 | 暮らしのこと

一つの襖

a0237806_13555039.jpg


版画は複製できるのが一つの特徴ですが、

この襖は二つとおなじものが出来ないモノタイプの襖です。

これはお客様からヒントを頂いて完成したものなので、
その場所に納まるたった一つの襖です。
光のあたり方によって、見え隠れするかたち。
光と共にいきる紙。

襖や屏風を生活の中に取り入れ、実物を感じて頂きたく、工房開き展を企画いたしました。

是非、見にいらしてください。
DMご希望の方はメールを頂ければお送りいたします。


野田版画工房と風野工房の家族展
同時開催
2011.10/18(火)〜10/24(月)


実家の風野工房は
自宅から車で7分程です。
[PR]
by nodahanga | 2011-09-03 13:04